元顕正会員のゆるめなブログ

顕正会に5ヶ月だけ在籍していました^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最近の顕正会って・・・

かつて顕正会員だった法華講員さんのブログをよくロムっていますが、

なんだか最近の顕正会ってお弁当屋さん??って思うと同時に

なんだか必死になって宗門や学会批判を展開して内ゲバを押さえ込もうとしている

姿がもう痛々しいまでに公開されていますね・・・

さらに群馬の法華講員さんが破斫に赴いた先の会館でも悩乱した姿を晒しているようでしたし、

改めて個人崇拝の異常さを痛感しました。

ただ、これも通るべくして通っている成仏への道なのかな??とも感じます。

だからこそ正法正師に縁させて頂いている

私たち法華講員が下種を続けていくしかないのだと思います。

現役顕正会員の皆さんへ。

今更ながら顕正会に籍を置き、活動をすることは大聖人様の本概とはかけ離れている

謗法行為ということを理解してください。

そして正しい法に縁される事を願っております。
スポンサーサイト

テーマ:宗教 - ジャンル:学問・文化・芸術

暴露と個人ネタ | コメント:1 | トラックバック:0 |

諦めませんぞ!

放置ブログとなってしまってますが、生きております^^;

流浪のブロガーことモト・ケンで御座います。

早いものでもう今年も3月になりました。

今年に入りこれまで以上に五座三座のお勤めにも気合を入れて行事ております。

所属寺院の行事には仕事上なかなか参加できない状況ではありますが、

諦めずに今後も焦ることなく取り組み続けようと思っております。

さて、今回のタイトルの意味ですがいろんな意味を複合的に捉えて頂ければと思います。

折伏や勤行の継続等が一番当てはまりやすいでしょうか??

やっぱり続けることって大事だと思います。

現に私の友人(現顕正会員^^;)との折伏のやり取りもかれこれ2年弱続いている方もいます。

やはりここで諦められません。

中途半端が一番よくないことだと思いますし、そもそもその方にも失礼ですよね^^;

今はわかってもらえなくても必ず解る時が来ると信じております。

それまで私自身も「水の信心」を心がけ精進してまいろうと思います。


P・S
最近連絡をとっていない法華講員の皆さん!私は元気にしております。
折を見てまたどこかでお会いできることを楽しみにしております^^

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

暴露と個人ネタ | コメント:4 | トラックバック:0 |

。゚+.謹賀新年゚+.゚(○。_。)ペコッ

2013年、新年あけましておめでとうございます。
流浪のブロガー、モト・ケンで御座います。

旧年中は多忙のためかほとんどブログの更新はおろか
他の講中の方々との交流がありませんでしたが、

今年こそは時間を見つけて幅広く交流し、
自身の信心向上に役立てていければと考えております。

ブログの方も特にテーマを決めずにちょろちょろ更新していこうかなと
考えたりもしています。
(だんだんと顕正会のネタから離れていきますがそこは『お察しください』)

今年も異体同心を基礎とし、平成27年の佳節へ向けてまず一歩を踏み出そうと思います。

何卒、宜しくお願い致します。

テーマ:宗教 - ジャンル:学問・文化・芸術

暴露と個人ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

そういえば・・・

先日顕正会の婦人部が我が家に来たのですが、

お決まりの国立戒壇と御遺命攻勢で打って出てきたので

こちらも、顕正会会員は御授戒を受けていない時点で信徒ではない事、

「依法不依人」の大事、御開山日興上人様の御書「佐渡国法華講衆御返事」を引かせて頂き「要は浅井会長の妄言に騙されているのだから、一度客観的な目でこういった法門に触れて間違いを正しましょう!」と申したところ、やはり反論不能・・・

トチローさんも仰る通り、「最近の顕正会員は教学に乏しい」との御指摘がありましたが、
まさしくその通りでした。

そして「きちんと文証による反論ができないのなら、大聖人様が仰せの通り冗舌の徒になってしまいますよ!」と詰め寄ると、最後は「いずれどちらが正しいかはっきりわかりますよ!」だの、
「私たちは信徒団体ですから!」等との賜る始末。
全く信仰に関わっていない人が聞いたらどう思うかは歴然だと思います。

この婦人部の方には本当の信仰の喜びを是非とも顕正会ではなく日蓮正宗で実感していただき、
人生を力強く生きていく嬉しさとありがたさをわかってほしいですね。

建白書なるパフォによって悲しくも踊らされているようですし、
また我が家に来た際はできる限りの善導をするつもりです。


テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

暴露と個人ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

祝!!更新(笑)

何回間をあければ気が済むのでしょう・・・

ご無沙汰しております。
流浪のブロガーことモト・ケンで御座います。

何やら私がしばらくこのブログを放置している間にも
ニセ本尊ならぬニセモト・ケンが登場するなどしていたようですが、

私は日々の仕事(量が増えまくってます)で追われてしまい
なかなかブログ等の更新がままならぬ状況となっておりました^^;

かといって信心活動をうやむやにする訳には当然ながら行きませんので
御登山やできる限りの折伏を行じているのが昨今の私でございます。

特に最近は無宗教の方との接点が増えており、今年は3名の方の御授戒がかないました。
その後の育成はなかなか進んでおりませんが、支部の請願も後一歩の所まできました。

そうなりますと、顕正会の方々はどうなってるのだろうとふとトチローさん山門さんの
ブログを走り読みしていますと、「建白書」なる新たな目晦ましが登場してるではないですか!

内容を一通り読ませて頂きましたが、率直な感想として、
「こんなこと書いてアピールするのなら会員さんだけでも戻して上げて欲しいなぁ。」と思いました。

耐震構造云々なんてネタも使い回し感満点ですし、御遺命云々もいい加減破斫されている内容ですから
そんなこと言うなら是非大石寺へ参詣してどうなってるか確認して欲しいと思うが故の感想です。

恐らく私の家にも顕正会の会員が訪問してくるのは間違いないでしょう。

その時にでも改めて破斫する必要がありますね・・・

というわけで、頑張って更新しようと思います^^¥

改めて宜しくお願いいたします。

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

暴露と個人ネタ | コメント:2 | トラックバック:0 |

時間の経過とともに

約4ヶ月ぶりの更新となりました^^;

ご無沙汰しております、モト・ケンでございます。

この数ヶ月間の更新が滞った理由はいろいろとありますが、

まぁ今もこうして更新をしておりますので、どうかご安心ください(笑)

私は妻共々元気に生活をしております。

そんな中でも私のHNで某掲示板に書き込みをした方もいるみたいですが、

本人かどうかはこれまでの書き込み等でご判断頂ければと思っております。

さて、この数ヶ月の間での出来事ですが、自分自身の弱点を改めて自覚したことと同時に

因果の法則を実感した数ヶ月間でもありました。

それも以前から折伏していた方々の御受戒が3名成就した後の出来事です。

具体的な内容は大変長くなるので割愛いたしますが、

自身の改善点を自覚し改善しようとする思いが生まれてこそ、

正しい信仰を持っているからだと改めて実感しました。

決して投げやりになることなく、これまでの振る舞いから起こる因果を

そのまま受け止めて、また当たり前のことではありますが、

勤行、折伏、唱題に励み御仏智を頂戴することが自分を変えることの

一番の近道なんだとも感じました。

まだ3年足らずではありますが、まだまだストックがあることでしょう(笑)

5月からも家内共々よりいっそうの信心に励もうと思います。

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

暴露と個人ネタ | コメント:1 | トラックバック:0 |

乗り越えるって・・・

結局更新しようと思っていたらいつの間にか年が明けてしまった

流浪のブロガーことモト・ケンでございます^^

2011年は人生の節目のような出来事がたくさんありましたが、

今年はさらにいろいろありそうです^^¥
(行動結果はすべて御本尊様がお知りになっているかと・・・^^;)

タイトルにも書いてあるのですが乗り越えるっていうのは

良いことにしても悪いことにしても最終的には自分自身で決めていかなくては

いけないことだと思いますし、その事柄を乗り越えたときに自分がどうなっているか

ということもすごく重要になってくると思います。

宗門へ帰伏してから今年の10月末で3年がたちますが、

そういった出来事にたくさん遭遇していますし、今も遭遇しています。

しかし、最終的には良かれ悪かれ今の自分にとって必要な出来事が

起こっているのが現実となっています。

そこで一つ確かなことは、「乗り越えたときの自分が微弱でも変わっている」

ということだと思います。

それは考え方や行動力、頭の回転だったりヒューマンスキルの向上だったりと

挙げていけば枚挙に尽きませんが、正法を正師の下で信じて仰ぎ奉り、

自分自身を奮い立たせていけば、少しづつでも人生が豊かなものに変わっている・・・

そう感じています。

大聖人様は「当体義抄」のなかで、
 『正直な心で南無妙法蓮華経と唱える人は、
     (1) 不幸の根源である悪心(煩悩)が、そのまま仏のような清浄な生命(法身)に転ずる
     (2) 悪い行為(業)は、正しい判断力を備え、仏のような智慧(般若)に転ずる
     (3) 苦しみや悩み悲しみは、希望にみちた自在の境界(解脱)に転ずる           』

と仰せでありますし、法華経「分別功徳品」(ふんべつくどくほん)には、
    『この経をよく行ずる者は、
        (1) 本尊を安置する塔寺を建立し
        (2) 僧坊などの修行者の道場を建立寄進する境遇になる
        (3) 正法を修行する人に対して深く敬い供養する
        (4) 仏法を正しく理解して他の人に法を説くことができる
        (5) 行動や言葉が正しく清らかになる
        (6) 正法の善友にめぐまれる
        (7) 忍耐の心が強くなり“いかり”がなくなる
        (8) 意思や信念が固くなり、周囲の悪法に紛動されなくなる
        (9) 心が落ち着き、考えが深くなる
       (10) 何物にも恐れず善行をたゆまず積み重ねる
       (11) 多くの善い教えや知識を正しく生かすことができる
       (12) 感覚が鋭利となり、頭脳は明晰に、智慧は深くなる
       (13) 難問を解決する力が備わる                   』
とも記されております。

だからこそ、正しい法を人生の柱として立てていくことは、真人間になるための

絶対条件なんだと痛感させられます。

もちろん、努力なしに果報だけ得ようなんていうのはおかしな話ですけどね^^;

それを地で行っている顕正会員の方々には落ち着いて様々な文献を見ていくことを

強く推奨いたします。自分を大切にされてほしいと思います。

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

暴露と個人ネタ | コメント:3 | トラックバック:0 |

本来の人間らしさ

「釈尊の出世の本涯は人の振る舞いに有りにけり」という有名な御金言があります。

法華講員の方なら一度は耳にされたことがあるかと思いますが、

大聖人様の弟子と自称している顕正会員の皆さんは知らない方のほうが多いと思います。

そもそも顕正会員の方で私が知る限りではそういった振る舞いをされている方は見たことがありません。
(あくまで個人の感想です。ここにいるじゃないか!などという苦情は受けませんのであしからず。)

逆にそういった方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、そういった方々はとある独裁国家のように粛清され、除名や謹慎といった処分を受けているはずです。

ここで思うのが、本当に人を救うという気概があるのであれば会長自身がもっと積極的に動いていても

なんらおかしく無いはずです。

ところがそういったお話は耳にしたこともなければ、過去の自慢話しか聞いたことが無いのも事実。

だからこそ、本来人が持っている労りの心たっだり、慈悲の心、または人間味のある言動や常に正直でまっすぐで

あること等、こういった振る舞いが鏡となって折伏が成就したり困難に立ち向かい前向きな人生を

送ることが出来るのが、正しい信仰心を保つ事で叶うご利益(功徳)だとつくづく思います。

かと思えばやれアイスの当たりくじを引いたとか、

駅でたまたま並んだ所に電車が止まりスムーズに乗り降りできたとか、

職場まで信号に一度も引っかからずに着いたとか、そういった話しか出来ない時点で邪教確定です。

某ブログで好き勝手な書き込みをして結局自爆してしまった会員さんや、今日のような悪天候のなかで

勧誘に走り回っている何も知らされていない会員さんにもこういった事実を

しっかりと冷静に受け止めてほしいところです・・・

暴露と個人ネタ | コメント:3 | トラックバック:0 |

例外の無い事実

顕正会に限らずカルト宗教の共通事項っていうのは必ずといっていいほど

個人崇拝がメインであり、絶対と言って良いほど遅かれ早かれ生活が破綻することだと

私自身は感じています。

もちろんすべてに当てはまるわけではありませんが・・・

そんな中で、旧オウム真理教(アーレフ)の信者数がこのところ

増えてきているそうです。

特に、関西や北海道方面での増加が顕著とのこと。

年齢層は地下鉄サリン事件などのオウム犯罪を知らない世代ばかりだとのこと。

そして原点回帰ということを理由に浅原の教義を復活させる動きもあるそうです。
(公安調査庁の情報がヤフーニュースのトップに上がっていました。)

顕正会員の方々はこれを聞いてどう感じますでしょうかね・・・

本気で慈悲の心を持って人を救うための行動をしていると自負するのであれば

これらの教団施設へ赴き積極的に破折するべきだと思います。

私の所属している支部では、こういった団体に所属していると思われるご家庭への

家庭訪問を初めとする折伏を展開しており、本年の誓願は達成間近となっています。

私自身も信仰を持たない方々への下種を出来る限り行っております。

それは、少しでも仏様のお役にたちたいと思うがゆえです。

その上で改めて言います。

顕正会に籍をおいていては大聖人様の御意に適う信心は絶対に出来ません。

むしろ覚醒剤と同じように、人生を無残に、そして確実に滅ぼしていきます。

本当の人間らしい人生を送っていくためにも、一度宗門のことに目を向けて

耳を傾けてみてください。それがご自身のためでもあります。




暴露と個人ネタ | コメント:2 | トラックバック:0 |

顕正会員の癖!?

改めてタイトルの内容を考えてみたのですが、

いやぁ、出てきますね^^;


①物事を大袈裟かつ誇大して掲示する。

②ウソも「勧誘」の大義名分として当たり前につく。

③羨ましいのにも関わらず素直に受け入れられない。

④初めは気弱だった人が強気(というかKY)になっていく。
(これは癖ではないですね^^;失礼!)

⑤返事が独裁国家のよう。

⑥自分が物事をすべて知り尽していると錯覚する。

⑦断片的な情報だけですべてを判断する早合点さ。

これ以上はきりが無いのでやめておきます・・・

なぜこういったことを思いついたかというと、自分自身も過去にこれらの

傍若無人ぶりを発揮していたことがあるからなんです。

あえて自己を振り返り、正宗信徒として恥ずかしくない人間になっていけるように

あえて列挙してみた次第です。

「明日はわが身」なんていいますからね^^

暴露と個人ネタ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。