元顕正会員のゆるめなブログ

顕正会に5ヶ月だけ在籍していました^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

どうしてそうなるの^^;??

実は今月(といってももう終わりですが)の初めの週末に

AKIRAさんと元講頭さんの三人で

顕正歴20年(!!)という80歳になられるおばあちゃんの家に

訪問折伏へいきました^^

といいますもこの方、実はAKIRAさんにニセ本尊のことを指摘されたのが

よほど悔しかったらしく、夜に電話でどなりこんでくるという修羅界バリバリの

おばあちゃんで、今回はおいらと正宗での信心歴50年以上の元講頭とともに

突撃することと相成りました^^

話を聞いてみると日達上人様の時代に学会に入り、一回目のメタ本が新聞広告に掲載されたときに

本部会館へ電話をして、当時の幹部(婦人部だったかな?)に折伏されて

メタボ教へようこそ!となったみたいです。

しかも日達上人様の御書写の御片木御本尊様を「血脈が通っていない」という

理由から本部に預かってもらっているというとんでもない発言まで飛び出しました!

それなもんで筋金入りのメタボ狂ですから

メタボとまるっきり同じような性格なんですよ、これが^^;

自分の過去の武勇伝や自慢話、こちらがレーコの消息やカツエイ氏の矛盾、

血脈のかよっていない御本尊はニセだと主張しても

「そんなの関係ない!私は浅いセンセーに一生ついていく!」ですから

その情熱を本宗で傾ければいいのに(苦笑)と、問いかけても

「浅いセンセー、マンセー!!」を繰り返すばかり・・・

しかし!元講頭さんは顕正会についてはそれほどご存知ではなかったにも

関わらず、おいら新米講員にはとても出せない大変慈悲のこもったオーラを

発しておられ、ひとつひとつこの仏法の素晴しさを説かれていました!!

さすがにそれらのことに関しては顕正おばあちゃんも反論の余地がなかったようで

黙って聞くしかないといった様子でした・・・

本物の慈悲のこもった折伏を拝見させて頂いた貴重な時間だったわけですが

そこで感じたのは、「やっぱり理屈ではないんだなぁ・・・」といことでした。

これは今後も同様のケースに遭遇することが合っても絶対に

忘れてはいけない事だとおいらは強く思います。

だからこそ信心根本の生活をすることで功徳の因を積ませて頂き、

罪障消滅をさせて頂けるのだと思わずにはいられません。

顕正おばあちゃんも今生での生活が終わる前にそのことに気がついてほしいですね^^;

ちなみにAKIRAさんが「宗門と学会の抗争」なるメタボ執筆の本に記載がある

「血脈は途切れるわけがない」云々という文章があることを顕正おばあちゃんに

告げたわけですが、案の定というかなんともいえないんですがAKIRAさんにだけは

ずいぶん強気なんですよね^^;それにおいら達が帰った後にまたぞろ、AKIRAさんへ

電話攻撃をかましてきたそうです><

「弱い人間には強くでて、強い人間からは逃げる」

やっぱりメタボの弟子ですね・・・


スポンサーサイト
暴露と個人ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。