元顕正会員のゆるめなブログ

顕正会に5ヶ月だけ在籍していました^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

功徳って・・・

顕正時代はどんな小さなことで「功徳だぁ!」って言うことで

すごいありがたい気持ちになっていたもんだけど

冷静になってよ~く考えると、ぜんぜん功徳じゃない^^;

日常生活であるちょっとしたいいことでしかないんだよね(笑)

それを考えると本来の功徳ってこういうものだっていうのを

ものすごく実感するのが、この六根清浄ですよね^^¥
(以下、たくチャンのパパの部屋から抜粋です。勝手な抜粋をお許しください。)

日蓮正宗では、『功徳とは即身成仏なり、又六根清浄なり』(御義口伝)とあり、生命の浄化と物心両面に渡って福徳に満ちた人生を築くことが、妙法信仰の功徳と教えて貰うんです。
私達、衆生の苦悩の原因の迷いの根源は煩悩から引き起こされると仏法では解明してるんですね。

その迷いの生命を浄化し、悪い性を断ち切る果報が、まさに「六根清浄」の功徳なんです。
それで、六根が煩悩に覆われていると、外界の物事を正しく認識出来ずに苦しみの原因を作る事になるんですよ。
この業苦を消滅させるためには、六根そのものを清らかな状態にする必要がありまして【法師功徳品第19】には、『是の法華経を受持し、若しは読み、若しはじゅし、若しは解説し、若しは書写せん。是の人は、当に八百の眼の功徳、千二百の耳の功徳、八百の鼻の功徳、千二百の舌の功徳、八百の身の功徳、千二百の意(こころ)の功徳を得べし。是の功徳を以て、六根を荘厳して、皆清浄ならしめん』と説かれているんです。
法華経受持の功徳によって、六根それぞれに多くの清浄の果報を得る事が明かされてます。

で、その六根の功徳なんですが、
○眼根の功徳-全ての事象が明らかに見え、物事の因果を正確に知る事が出来ます。
○耳根の功徳-あらゆる音声から、実・不実を聞き分ける事が出来ます。
○鼻根の功徳-あらゆる臭いを嗅ぎ分け、分別を誤る事が無くなります。
○舌根の功徳-勝れた味覚を持ち、更にその声は甚妙となり、聞く者を喜ばせる事が出来ます。
○身根の功徳-穏やかで健全な身体となり、外界の刺激に適合させ、自身を処する事が出来ます。
○意根の功徳-心は清らかに、頭脳は明晰となり、智慧が深くなります。

つまり、六根清浄とは六根に備わる煩悩の汚れが払い落とされ、物事を正しく判断出来る智慧を得る事をいうんです。
大聖人様は、『功徳とは六根清浄の果報なり。所詮今日蓮等の類南無妙法蓮華経と唱え奉る者は六根清浄なり』(御義口伝)と仰せになられており末法の法華経である南無妙法蓮華経を信じ唱える者には、必ず六根清浄の功徳が備わると教示されているんですね。

これらも、御本仏日蓮大聖人様の大慈悲による御加護を受け、正しい信心と修行によって三世に渡る福徳が備わり、清浄にして自在な境涯を実生活に現していくのが、六根清浄であり功徳なんですね。

これだけでもすごいのに頂いた初心の功徳にびっくりなんです^^¥

帰伏してから就職難のこの時代に正社員として営業職だけど

就職が決まるし、失業者向けの住宅手当が受給されることになったり

福祉協会から雇用保険が降りるまでの間の生活資金を受給できるように

なったりと初心の功徳をとてつもなく頂いておりますゆえに

余計にこれからどう自分の宿業が変わってくるか楽しみで仕方ありません。

かといってそれまでの罪障が消えたわけではないのも事実。

つらいこともたくさんでてくるでしょう。

でも乗り切っていけるという確信だけはゆるぎないんですよね^^

それが正法を護持しているがゆえの真の生命力だと思います。

どうか早く顕正会員はこのことも踏まえて事実をしっかりと

把握する勇気をもってほしいものです・・・
スポンサーサイト

暴露と個人ネタ | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<モト・ケン的破折尋問術 | ホーム | 顕正新聞の事>>

コメント

たくパパさん

あざざーす(笑)
まさかたくパパさんも営業職だったとは・・・
ある意味おそろいですね^^¥(爆)

ちなみに生活費に関してのことは、福祉協議会からの
無利子の借り入れのことで、就職が決まってからの返済となっていますがそれほど大きな金額ではないのでやりくりはそれほど難しくはないんです^^

本来は貸付を受けれる状況でなかったために
これがあったことで助かりました^^
2009-11-28 Sat 12:45 | URL | モト・ケン [ 編集 ]
就活が実って正社員採用おめでとやーす♪

オイラと同じ営業職ですね(o^-')b


しかも、住宅手当てや雇用保険から生活費の支給なんて凄いですね(^-^)
2009-11-27 Fri 18:26 | URL | たくチャンのパパ [ 編集 ]
ポテンヒットさん

ちわっす^^¥
ってその鑑定士たる資格ほしいかも(笑)
見つけたら片っ端から折伏できるんですもん^^;
それにしてもヨレヨレのスーツに鋭い目つき、
そして意味もなく大きいバッグ(痛笑)
中にはメタ本や浅井武勇伝がぎっしりつまった新聞が
満載、これこそ顕正会員って感じですよね^^;

これってイラストに出来そうですよね^^;

ひろりんさん

ありがとうございます^^¥
このご時世に正社員はすごくありがたいですね^^
これがスタートになるのでがんばります^^

かぼすさん

豚さん隊の隊員がいましたか!!(笑)
相変わらず意味の分からない行動をしてそうですよね・・・
そういう意味では確かに鑑定士の資格いるかもですよね^^;
これを素材にあっつぁさんブログのリスナーさんと
一緒に検定試験を作ってみるのもいいかもしれませんね^^¥面白そうです^^
2009-11-26 Thu 16:10 | URL | モト・ケン [ 編集 ]
ポテンヒット様
顕正会鑑定士、ナイスです(^o^)v
この前、お寺さんに行く途中、豚さんの隊員を見かけました。
車に乗り、信号待ちしてたら、視線を感じたんです。
そしたら、こちらを見てて(笑)
これも顕正会鑑定士には必要な能力かしら。視線を吸い寄せる(笑)

[補足]
ヒヨコ鑑定士の正式名称はわからないですが、
ヒヨコのお尻を一瞬見て、オスかメスを見分ける仕事です。
日本独特の職業で、専門学校に行き、
試験に合格しなくてはいけません。
目を使う仕事なので、受験資格は20代前半までだと思います。
間違ってたらゴメンなさい。

顕正会に没頭してる間に、資格試験がどんどんスルーして、後悔しますよ~。
2009-11-26 Thu 13:56 | URL | かぼす [ 編集 ]
仕事決まったんだ~!よかった。
2009-11-26 Thu 10:52 | URL | ひろりん [ 編集 ]
ちなみにオイラはビミョーに顕正鑑定士かもです。電車に乗ってて鶴丸を付けてなくても顕正会員らしき人を発見すると、あんのじょう大宮公園やときわ台で降りてくんですよ~。顕正会員って何か独特のオーラが出てるんですよね~。スーツがヨレヨレってのも共通点かな(^_^;)
2009-11-26 Thu 09:22 | URL | ポテンヒット [ 編集 ]
かぼすさん

どうもどうも(^^)ノシ
お褒め頂き光栄です^^ありがとうございます!
目標が見つかったってスゲー!!
やっぱり生きがいが頂けるのも御本尊様の功徳ですよね!
僕も生活が守られるっていうのは実感していますね^^
だからこそ書いた部分は大きいですね。
ちなみにヒヨコ鑑定士ってあるのは知ってましたが久々にききました(笑)
2009-11-25 Wed 22:39 | URL | モト・ケン [ 編集 ]
毎回楽しみに読んでます。
相変わらず勉強家ですね。
法華講の功徳は、顕正会から見たら地味だけど、その人自身が欲しがってるのが来てる感じがします。
生活環境が守られてますね。

私は将来の夢が見つかったのが功徳です。
来年か再来年にはスタートさせたいです。詳細はまだ秘密です。
私もそうだったけど、顕正会員は、浅井ウジの「万事をさしおき300万」という指導に縛られ、将来の夢とか趣味とか全部捨ててるから気の毒です。

若い時にしか出来ない事って一杯あるのに。
例えば、ヒヨコ鑑別士になるとか(笑)
2009-11-25 Wed 22:32 | URL | かぼす [ 編集 ]
ユタさん

たびたびのコメントありがとうございます^^
ユタさんのおっしゃるのがまさに本当の功徳だと思います。
僕は過去ヤミ金やマルチ商法の親玉等の経済ヤ○ザをしていたわりにはだまされやすい性格ですごく悩みました。
「なぜ自分だけこんな思いをするんだろう」という感じです。
当時は学会にも籍を置いていたからかも知れませんがそういったことが多々ありました。
だからこそ六根清浄はもちろん全てではありませんが身にしみてくるものを徐々にですが感じているんです。
なのでユタさんも絶対に感じることが出来ますよ^^¥
こんな僕が感じてるんですから・・・
2009-11-25 Wed 22:18 | URL | モト・ケン [ 編集 ]
 モト・ケンさんこそ、私の稚拙なブログにコメントして頂き、ありがとうございます。私はあいにく、まだ六根清浄を実感してはおりません。しかし、「魔の通力」との違いは、功徳自体はいきなり大きなものをドカッと頂くものではないということだと思います。ささやかな、それでいて、そこで消えるものではない福運であると感じております。モト・ケンさんの就職が決まったことが、まずそれでしょうね。就職はゴールではなくスタートです。だから、そこで消えるものではない。私は持病がありますが、顕正会の「病気が治ったー!」というのは何か違うと思ってました。連休中に一時期、体調が悪くなりましたが、むしろそれが今後の治癒に関するものだったら?却って、そこで悪くなって良かったとなりますよね。顕正会員は「罰だ」と言ってきましたけど(笑)。私も六根清浄に向けて、日々精進していきたいと思います。乱文、失礼致しました。
2009-11-25 Wed 22:04 | URL | ユタ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。