元顕正会員のゆるめなブログ

顕正会に5ヶ月だけ在籍していました^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日興遺誡置文の一文

日興遺誡置文とは、二祖日興上人が我々のために残してくださった

信心をするうえでのルールが書かれた大事な御書です。

これは日有上人の化儀抄に通じる非常に大切な内容が書かれているのですが

その中で僕が常に心がけようと感じている一文があります^^

「ああ、仏法に値ふこと希にして、喩へを曇華のハナブサに仮り、類を浮木の穴に比せん。尚以て足らざる者か。」
(ハナブサという漢字は変換で出てこなかったためカタカナにしております。)

要約すると意味としては、「この仏法にめぐり合う確立は非常に希なのです。」との事です。

そのうえで、「御本尊様に御向かいする時は死を覚悟して囚われた後、開放された時に最愛の家族に出会った時の

ような気持ちで御向かいしなさい。」

と仰せられています。
(もし内容が違っていたら訂正します。申し訳ありません。)

やはり信心を永く続けていると私たち凡夫はどうしても惰性に流された義務感の信心に

なりがちだと思います。

きっと日興上人様はそのことを見越された上でこの一文を残されていると拝します。

それだけ門下の弟子を退転させるべからずという御慈悲が伝わる一文として

僕はこの御金言を大事に信心根本で生活していきたいと思うようにしています^^

短いですがご参考になれば幸いです・・・
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

暴露と個人ネタ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<答えられるかな^^? | ホーム | おいらの罪業>>

コメント

光人さん

コメントあざっす^^
やっぱり重みがちがいますよね^^??
猊下様のご指南は的を得られている
真の意味での的確なご指南ですが
メタボ教教祖はこじつけですからね^^;
そんなのをほっとくわけにはいきませんよね!!
2009-12-18 Fri 23:11 | URL | モト・ケン [ 編集 ]
おはようございます
自分の行くお寺には
勤行の後
御誓文一読集を読み
広宣流布の励みに
しています

ご住職様が
日如上人猊下様の
ご指導から選び
毎日拝読してます

血脈受けた
ご住職様の指導は
凡夫の在家信者の
下らない指導より
ずっとずっと
ありがたいですね
2009-12-18 Fri 08:20 | URL | 光人 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。