元顕正会員のゆるめなブログ

顕正会に5ヶ月だけ在籍していました^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

共産主義と顕正会

最近、旧ソビエト連邦関連のネタに触れることが多くあり、

ソビエト国歌カコイイ~~(苦笑)などと思ったりもしたのですが

国家そのものの歴史を改めて紐解いていくと、まぁ~【粛清されました】の事実が

出てきまくりなわけでありますよ^^;

特にヨシフ・スターリンは特にいろんな意味ですごい独裁者ですね・・・

1917年のロシア革命を成功させた英雄、ウラジーミル・レーニンもそれなりですが

前者に比べるとまだ国民目線が強い感じがします。

そこで顕正会(旧・妙信講)のトップだったジンベーさんと現在のトップである

ショウエイさんと妙に一致する部分が出てくるようにも感じました。

よく、「創始者はよかったが、二代目以降はよくない。」ということは

歴史上よくある話です。

三国志の武将、劉備の息子である劉蝉(りゅうぜん)は権力におぼれ

最後は曹操に降伏してしまう事態を引き起こしましたし、

学会においては、三代目会長の池田氏が宗門に対しての大不敬を

していることを考えると、偶然にしてはどうなんだろう??

と、考えてしまいます・・・

しかし、そういった政権は長続きしないのも特徴です。

これは歴史がそれを証明している事実です。

ということは、顕正会も・・・【粛清されました】ってことですよね^^;

いづれにしても日蓮正宗が広宣流布するときには消滅していることには

間違いはないのですが・・・
スポンサーサイト

テーマ:宗教 - ジャンル:学問・文化・芸術

暴露と個人ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<摧破!顕正会 | ホーム | 邪宗の害毒>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。