元顕正会員のゆるめなブログ

顕正会に5ヶ月だけ在籍していました^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ノルマ至上主義^^;

今あっつぁさんのブログに果敢にも隊メールをさらしてくれている

勇気あるエア会員さんがいらっしゃいますが、

あのメールの内容はいつもひどいと思って目を通すのですが、

下にコピペしたメールは人間の所業ではないと憤りを感じたので

あえてネタにさせていただきました・・・

第四は昨日凡退の265名。48%全体の平均から大きく掛け離れて足枷から抜けきりない中、昨日23区が9名と有難い前進でした。昨日は新潟の3個区が0、2個区が1、と組と間違う論外だった為、昨日はお応え出来ておらず、あと二週間と思うと身が凍ります。先生から頂いた御書講義における広宣流布は大聖人様の御力によって必ず成し遂げられるを大確信し、お味方するものは必ず勝ち、敵対する者は必ず亡ぶを命に刻んだものであり、本化の菩薩の本眷属の誇りに立ち、聖徳太子の飛鳥や伝教大師の平安に遠く及ばない、三大秘法根底の人類未だかってない新しい国家の建設に馳せ参じているんです。その大事な使命を総班長1人1人がありますし、第四女子部の総班長は私は皆必要としています。先生の急がれる御心を一分でも知る弟子なれば今、新体制に寄せられる先生に新潟と山形で爆発したい。絶対にお応えしたいんです。しかしあと二週間しかありません。もう総班員全員を奮い立たせ今週全区達成を賭けていくには全総班の達成が不可欠です。第四の全総班長が本気になれば必ずや出来る!絶対やりましょう。総班長は誰よりも感激と広宣流布の熱い信心と責任者に立てる人材でしょう。先生からしっかり頼みますと重い辞令を頂いたんです。出来ない訳がない。感激のスペシャリストとして総班員が勇気を出して戦えるようよく励まして2月初陣残り2週間に総立ちをさせて一気に流れを変えていきましょうよ。昨日は日興上人様の偉大な御威徳をお聞きしては感激でいっぱいでした。大聖人様と久遠元初以来の師弟であられ法華経の会座においては無辺行菩薩として出現されておられましたが、その会座の場に、はからずも地涌の菩薩として大地より召し出されて私達も居たに違いないでしょう。地涌の菩薩の菩薩とは踏まれようとも叩かれようとも絶対退転をしない。どんな厳しい戦いでも必ず乗り越え道を開くのが菩薩です。雪!?そんなの関係ないの雪って何?其が何か!!関係ないからね。夏も勝ってないんだら季節は一切関係ないからね。電車が止まらない春も秋も出来てないから。関係ないんです。信心です。
今日から109名の総班長は異体同心の団結で区長と同じ気持ち、同じ決意に立って必ずや昨日の不甲斐なさを今日取り返し、明日から毎日泣けてくるような健気な戦い、必死さを大聖人様に御覧頂き、見事全総班全区大勝利していきましょう。
安沢


非常に読みづらい悩乱した文章ですが、どうでしょう^^;??

安沢氏も顕正新聞で拝見しましたが、まるで【粛清されました】の顔ですね><

本当に白蓮華の清らかな団体の一員なら、こんなブラック営業会社の人間のような

メールを送信するでしょうか??

ちょっと考えればすぐにわかるとは思いますが、これが顕正会の現実です・・・
スポンサーサイト

テーマ:宗教 - ジャンル:学問・文化・芸術

暴露と個人ネタ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ご守護!? | ホーム | 摧破!顕正会>>

コメント

 本当に分かってないですねぇ、安沢女史は。バ【ぴー!】とかア【ぴー!】、ま【ぴー!】としか言いようがないですな。戦いが進まず、雪に阻まれる、つまり諸天の守護が無いということは、顕正会が正しくないという論より証拠です。現証主義の顕正会員には、苦過ぎる薬になっているんじゃないでしょうか。自慢じゃないですが、私は御山へ行く際にも実家に帰る際にも鉄道が運休したことはありません。雪に強い東北新幹線でさえダイヤが乱れるこの時季、また必ず雪でダイヤが乱れる東海道新幹線でさえ、私が利用する時は不思議とダイヤ通りに走ってくれるのです。そしてそれは、普段の通勤における在来線も同じだったりします。信心の強弱は無関係に、御受戒して正法を行ずる者は普段から護られるわけですね。いつもは長過ぎで流してしまう安沢メールですが、今回ばかりは哀れに思ってしまいました。顕正会員時代、通勤路線が悉く、晩年には会館参詣でさえ電車が運休していたり、天候に恵まれなかった頃と比べると明らかな違いです。
2010-02-15 Mon 15:12 | URL | ユタ [ 編集 ]
ぬおおっ!これは安沢ちゃんの名作中の名作ッ(゜ロ゜;
なんつ~か、安沢ちゃんのストレスが凝縮されたような作品ですねえ。「雪はカンケーね~っ!」のあたりから特に発狂っぷりが爆発してますなぁ。おそらく、前半部を書きながら更にイライラがつのっちゃって、もう感情をそのまま叩きつけたんでしょう。怖っ(;´д`)
残念ながら、この作品は自爆ですなぁ。もしも内容がライバル組織の長にでも知れたら「品格が無い」ってな事になって足をすくわれかねませんね~(^_^;)
2010-02-14 Sun 22:03 | URL | ポテンヒット [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。